HOME>特集>医療事務の資格を取得し、キャリアが広がります

医療関係の職業の入門におすすめ

未経験から医療関係の職業につきたいと考えた場合、まずは医療事務から就職すると言う方が多いようです。医療事務は、医学部で学ぶことや、免許持っていることを必要としていません。

医療事務の資格を取得し、キャリアが広がります

受付

医療事務から看護師への転職をする方も!?仕事のつながり

医療事務として就職したいと考える場合、まずは資格を取得した方が現場で役に立つようになり、就職や転職にも有利です。その後、現場での経験をもとに看護師に転職すると言う方もいらっしゃるようです。資格取得によって勉強する習慣がついていれば、看護師の試験の勉強もスムーズに進められるようになります。

医療事務の資格を今取得するメリット5つ!

女性

仕事内容が深く理解できます

医療事務としての仕事は、事務的なサポート面だけではなく、医療に関する専門的な知識が必要になります。またレセプトの確認など、現場で学ぶのはなかなか効率が悪いです。資格の勉強を通して、仕事内容を理解しましょう。

レセプト計算に特化した試験もあります

医療事務の資格試験は、民間で多くの団体が主宰しています。その中でも特に難易度が高いものは診療報酬請求事務能力認定試験です。この試験に合格すれば、レセプトに院内で1番詳しくなることも夢ではありません。

就職や転職がしやすくなります

就職するためには、資格試験がなくても問題ありません。しかし、試験の実績を示すことで、どの程度の知識を持っているのか、公式の記録で示すことができます。また熱意があることの証明にもなります。

現場で患者さんと接するときに役に立ちます

患者さんに対して接する方法は、一般的な接客業務とは少し異なります。患者さんは病気などを抱えていらしているので、その点についても配慮が必要になるのです。このようなことを、資格試験を通して学ぶことができます。

保険制度についての理解が深まります

医療保険の制度や、患者さんの3割負担等について、医療事務が深く理解しておくことで、それを窓口で患者さんに説明することができるようになります。事前に知識をつけてから医療事務として就職しましょう。